飲食店買取りJPトップ

三越前

三越前駅は東京メトロ銀座線の駅のひとつで、2013年の統計データによると1日あたりの利用客数は120,845人となっています。駅名が示すように、駅の西側には三越日本橋本店が直結しており、日本銀行本店など歴史的にも価値のある建造物が多数残っています。日本を代表する企業のオフィスも集まっており、ショッピングを楽しむひとだけでなく多くのサラリーマンも利用する非常にエネルギーに満ちたエリアです。駅の南西方向には東京駅があり、歩いてアクセスすることも可能です。

また、このエリアには古くは江戸時代から続いている老舗の店舗が数多く軒を連ねていることでも知られています。飲食店舗についても同様で、新しいお店から昔ながらのお店まで、とても魅力的な飲食店舗が点在しているという特徴もあります。飲食店の多くは中央通り沿いに集中していますが、そこから一本中に入った路地にもこだわりのお店があり、散歩をしていて常に新しい発見があるエリアでもあります。

このように飲食業界にとっても大きなマーケットのひとつとなっているため、このエリアで居抜き物件を売却するとなった場合でも特に問題なく交渉をスムーズに行うことができます。特に店舗が中央通沿いの立地である場合は、立地によるメリットを期待してより有利な条件で交渉をすることができますし、路地の物件であっても戦略によっては優位になることもあります。

路地物件の場合は、まず大通りから店舗までお客様を誘導するためのツールがどのように整備されているのかが評価ポイントになるでしょう。路面にどのような看板が設置されているのか、店舗の位置は分かりやすくなっているかなど、視認性がどのように確保されているのかを評価します。

それから、店舗内のデザインやイメージがどのようなものであるか、場所柄ある程度の高級感を求める買取り手が多いため、どういうインプレッションを与える店舗であるのかも評価の対象となります。それに加えて、お客様を案内する動線に問題はないか、スタッフがオーダーを取って厨房に伝えるまでの動線は効率的になっているかなど、実際のオペレーションにおいてリソースをできるだけ効率的に使うための評価も同時に行われます。

そしてもちろん、売却される厨房設備や器具のメンテナンスがきちんと行われてきているかどうか、目立った汚れや損傷はないか、などテクニカルな面におけるチェックがなされます。その際に各設備の耐用年数についてもオーバーしていないか細かな部分まで調べられますので、トラブルが起きないように事前に確認しておきましょう。