飲食店買取りJPトップ

霞ヶ関駅

霞ヶ関駅は東京メトロ丸ノ内線の駅のひとつで、2013年の統計データによると1日あたりの利用客数は140,241人となっています。警視庁や法務省、外務省や農林水産省、そして厚生労働省や経済産業省、文部科学省、東京高等裁判所や東京地方検察庁など、日本の社会をリードする官庁が集中する、いわば日本の政治経済活動の中心地とも言える場所ですので、常に多くのひとが行きかう活力にあふれた街のひとつです。

一方、駅の東側には都民の憩いの場所でもある日比谷公園があり、北側には皇居があるなど、駅から一歩足を伸ばすと緑豊かなエリアが広がっており、都心にいながらにして緑に囲まれてリラックスすることのできる魅力的なエリアと言うことができます。

霞ヶ関駅周辺は数々の官公庁で囲まれているため、飲食店はそれほど多くありません。特に飲食店が集中しているのが、駅の南側にある虎ノ門エリアで、新橋にもほど近いこのエリアには実にさまざまなジャンルの飲食店が集まっています。

日本全国からサラリーマンの集う街でもありますので、チェーンの居酒屋はもちろんのこと、そばやうどん屋、とんかつ屋や魚介料理専門店、焼き鳥屋や焼肉屋、カジュアルイタリアンのお店、バーなど、大人が楽しむことのできる数々の飲食店舗が集まっています。

そのため、このエリアですでに飲食店を経営している場合、何らかの事情で店舗を閉めることになった際でも買取り手を見つけることは難しいことではないでしょう。すでに多くの飲食店経営者がこのエリアでの開業を希望していますので、条件を考えなければ居抜き状態での売却の手続きはスムーズに進めることができます。

より良い条件で交渉を進めたいと考えるひとであれば、まずは店舗の視認性がどの程度のものであるかを客観的にチェックすることからスタートしましょう。このエリアには実に多くの飲食店が集まっていますので、他の店舗との差別化を図るためにも、お客様の目に留まる要素が必ず必要となります。そのため、目につく看板が設置されていたり、2階以上の店舗であれば路上に誘導のサインが置かれていたりするなど、視認性と誘導性に関してどのような工夫がされているかが評価ポイントとなります。

また、店舗内においては、スタッフの動線がきちんと考えられたレイアウトになっているかということや、厨房内の設備が適切にメンテナンスをされているか、そしてもちろん厨房内の動線も使いやすいものになっているかなど、総合的に判断することが求められます。