飲食店買取りJPトップ

方南町駅

方南町駅は東京メトロ丸ノ内線の駅のひとつです。「東京都のへそ」とも呼ばれる大宮八幡宮にもほど近く、環七通りと方南通りの交差点を中心に商店や住宅が広がるエリアです。駅の北側には善福寺川が流れ、泉南中学校や校成学園中学校などの教育機関があります。駅の南側には神田川が流れ、マンションなどの集合住宅が広がっています。大企業のオフィスではなく、中小企業のオフィスが点在している、ゆったりとした時間の流れるエリアと言ってもいいでしょう。

23区内のエリアということもあり、都心部にあるようなチェーンの居酒屋やファストフード店、ファミリーレストランや焼肉店など基本的な飲食店舗がそろっており、その他個人経営のしゃれた居酒屋やダイニングバー、和食料理店やイタリア料理店など、センスの光る店舗も点在しています。

飲食店舗は方南町駅を中心として環七通りと方南通りにそれぞれ沿うようにして展開しており、駅から徒歩圏内でさまざまなジャンルの料理を楽しむことができるようになっています。このエリアの飲食店を利用するターゲットとしては、近隣のオフィスに勤めているサラリーマンと地元の住民がメインとなっており、和気あいあいとした雰囲気で営業しているお店が少なくありません。

小規模の飲食店舗の多いエリアではありますが、都心に近いだけあって人口密度も比較的高く、立地等の条件に恵まれれば息の長いビジネスを行なっていくことができるエリアでもあります。そのため、意外と空き物件に対しての問い合わせが寄せられるため、これまでに営業してきた店舗をクローズしていざ売却となった際でも、わりと順調に売却先を見つけることができるという特徴はあります。

より良い条件で売却をするためには、このエリアでの開業を計画している個人経営者を探して具体的に交渉を進めていくのが最短の方法でしょう。先に述べたようにこのエリアで営業を行なっている飲食店にはセンスの良さを売りにしている店舗が少なくないので、もしすでに個人経営で同じような店舗を運営していたのであれば、思い切って居抜き状態のままで売却交渉をしてみるのがいいかもしれません。

もちろん経営者によって自分の店舗に対してのイメージは異なるものですが、同じ個人経営で自分なりの店作りを行なってきた実績をある程度引き継ぐことができるようであれば、買取り手においてもかえって自分自身のイメージをより具現化しやすいと言うこともできるかもしれません。