飲食店買取りJPトップ

江戸川橋駅

江戸川橋駅は東京メトロ有楽町線の駅のひとつで、2013年の統計によると1日あたりの利用客は50,515人となっています。駅の北側には東京音楽大学附属高校や筑波大附属高校などの教育機関があり、神田川と新目白通りを境として、駅の南側には各種企業の事務所が数多く集まっています。駅の北西エリアには江戸川公園や新江戸川公園などの公共施設もあります。

基本的にはビジネスマンと学生が行き交う街ですので、飲食店も数多く集まっています。主に新目白通りの周辺や、駅の南側エリア一帯にかけてさまざまなジャンルの飲食店が軒を連ねています。南の方にしばらく歩くと、数多くの美食スポットで知られている神楽坂エリアにもアクセスすることができますので、このエリアにおいてもちょっとしたこだわりのあるレストランや隠れ家的名店などが点在しています。

都心エリアの店舗ということもあり、基本的にはこじんまりとした店舗での運営がメインとなりますので、居抜き物件の売却の際には、もしゆったりとした店舗であればそれだけでも有利に交渉を進めることができます。ごく一般的なタイプの飲食店であったとしても、厨房設備に凝ったものが導入されているという特徴があれば、それもポイントになります。

内装にこだわった店舗も少なくないため、壁紙や照明器具、テーブルや椅子などのデザインやイメージ作りに力をかけて作り上げた店舗でしたら、その良さを分かってくれる買取り手を探すのもいいでしょう。このあたりの飲食店では、特に神楽坂がその傾向が強くなりますが、提供する料理だけでなく食事を楽しむための空間作りにも手間をかけた店舗がより多く見られます。そのため、郊外の店舗などと比べて内装にこだわっているということも十分に店舗の売りとして認められるのです。

また、コンパクトな店舗であっても使い勝手が良いことをアピールするという方法もあります。どこもだいたい同じような面積で営業を行なっているところが少なくないので、あとは動線がきちんと工夫されていたり、無駄のないレイアウトになっていたりするなど設計や造作における優位性をうたうことも大切です。

このように、一見同じような店舗であっても、売り手側がどこに売りがあるのかを冷静に評価することで、その店舗ならではの良さが再発見され、他の店舗と差別化をしながら居抜き店舗としての売却交渉をスムーズに進めていくことのできる可能性が広がるのです。