飲食店買取りJPトップ

大門・浜松町駅

大門・浜松町エリアは店舗・ビルともに比較的古い物件が多く、同じビジネス街でも品川や東京などと比べるとテナントの入れ替わりもゆっくりです。
羽田空港に程近く、企業のビルが集まっていることからビジネスマンが利用することが多く、主にランチや夜の接待・宴会のメニューが充実した飲食店などが多いエリアです。

このエリアで閉店し、売却に出された店舗の特徴としては、比較的広いスペースの物件が多いことが挙げられます。
ビジネスマンの飲み会で利用されるため、十数人規模のグループを複数受け入れることができる規模の店舗も少なくありません。

坪数は20坪程度のモノから70坪近くまでと、かなりバラエティに富んでいます。

大門・浜松町エリアで出していた店を閉店することになり、売却を考えた場合、どのようなポイントに気をつければ高く売れるでしょうか。
まずは何より、飲食店の内装や設備、什器が整っているかどうかが大事です。

ビジネスエリアでの飲食店経営は、とにかく多くの顧客を獲得して利益を上げることが大切です。
そのためにも、バラエティに飛んだメニューを提供出来るだけの施設があり、閉店・引き渡しから短い時間で営業を開始できるに越したことはありません。
店内の清掃がきちんと行われていれば、それだけ相手にも喜ばれることを忘れないようにしましょう。

また、会社の営業マンが接待で利用することも多いエリアです。
ゆっくりと商談が進められるよう、個室を備えた物件の人気が高くなっています。
個室の広さは数人用から二十人近くを収容できる大型のものまで揃っていると、更に強みになるでしょう。

大門エリアでは、静かで風光明媚な雰囲気を楽しむ観光客も少なくありません。
まったりとくつろげる、小規模の物件も人気があります。
業態に合わせて席数の調整ができるような内装だと、買い手が付きやすい事があります。

高額売却の条件をなかなかクリアできない場合は、他の店にはないウリがあるかどうかを考えてみましょう。
内装や什器のこだわり、視認性の高い看板、リースの有無など、条件を細かく詰めていく上で重要になるポイントばかりです。

居抜き物件を高額で売るには、専門の仲介業者などに相談するのがオススメです。
飲食店買取りJPは、積み重ねてきたノウハウで、少しでもお得に売却できるようアドバイス致します。
大家様や買い主との交渉も行いますので、初めての人でも安心です。