飲食店買取りJPトップ

秋葉原駅

◆ 秋葉原駅 の居抜き人気度

Sクラス

◆ 秋葉原駅 の乗降客数と路線

乗降客数(1日)約 100万人
路線 JR山手線、JR京浜東北線、JR中央・総武線、東京メトロ日比谷線、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス

秋葉原駅 の居抜き店舗の概要

高品質な電化製品や、オタク文化に代表されるサブカルチャーを世界に発信し続けている街、秋葉原。
かつては電気関係の店ばかりが集まっている印象でしたが、最近では大型のビルが次々と進出し、飲食店の数も増えてきました。

やはりここでも、人気は道路に面した1階の路面店。
抜群の集客力は、これからお店を開こうという人にとっては大きな魅力です。

では、そんな秋葉原で閉店する店舗を少しでも高く売却するには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。

かつてに比べれば、街を訪れる人の層も広くなってきたとはいえ、若い人を見かけることの方が多い駅です。
店舗も若い人向けに作られているところが多く、また他の場所に比べて突き抜けて個性的な店も少なくありません。

逆に言えば、個性的な店を出店したいと考えている人も多いはず。
そこで、それらのニーズに答えられるかどうかが、物件を高く売却するポイントになります。

例えば、閉店する厨房の設備がカフェ程度の調理にしか対応していない場合、通常であれば居酒屋のようにしっかりしたメニューにも対応できる物件に比べて売却金額が低くなりがちと言われています。しかし秋葉原ではコンセプトカフェを出店する人が少なくないので、条件さえ合えば買い手がつきやすいこともあります。

また、店舗が密集しがちなエリアなので、ダクトの設備が整っていることもポイントです。
特に、屋上までラインがつながっていて、近隣に迷惑をかけにくい造りが人気です。

飲食店が閉店になる理由は、そのほとんどが経営不振です。
入り組んだ細い道が多い秋葉原では、ビルの2階、3階に飲食店が入っていることも珍しくありません。
外から見やすい場所に看板がある、内装に統一感が合ってお客が入りやすいなどの工夫が凝らされている物件は人気が高いです。

居酒屋の場合は、ビジネスマンが商談にも使え、趣味の話が遠慮なくできるよう、個室を備えた店舗物件だと大きなアピールポイントになります。

秋葉原駅 の居抜き売却実績例

売却成功要因 店舗は秋葉原駅から7分ほど離れていました。しかし、大企業のオフィスが密集しているエリアということもあり、高額売却につながりました。

場所 千代田区外神田
駅名 秋葉原駅 徒歩7分
階数約 13坪程度
面積 3階
業態 カフェ  ⇒  非公開
売却までの期間 2ヶ月
希望売却金額 造作200万円
売却金額 造作200万円で売却

まとめ

秋葉原の場合、1階は電器店で、飲食店は2階以降というケースも珍しくないので、他のエリアに比べると空中階でも売却しやすいといえるでしょう。
少し特殊なエリアということから、想像していたよりも高く売却ができた!という意見も多いエリアです。
居抜きでの売却・譲渡をお考えのオーナーさま、ぜひ一度買取りJP までお問合せください!!