飲食店買取りJPトップ

商店街

商店街とは多数の小売店が集中している地区や商店主の集まりを指します。特徴としては地域密着型の店舗が多く、買い物がしやすいように屋根が天井部を覆うアーケード商店街になっていたり、共同の駐車場を設置していたりと顧客誘引を積極的に行っています。店舗同士の連携も必要になるので近隣とのお付き合いも重要です。

商店街 の代表的な立地

代表的な商店街として、中野・ブロードウェイ商店街、武蔵小山・パルム商店街、巣鴨・地蔵通り商店街など多数存在します。駅前の商店街もあれば駅から少し離れた住宅街の一角にある商店街もあり、立地や雰囲気はさまざまです。

商店街 の居抜き売却のメリット

  • 商店街にある店舗のメリットといえば、その”通り”自体に集客力があることです。隠れ家的な店舗は別ですが、お店の前にどれだけ通行量があるのか、駅からの動線が良いかが重要になります。商店街は近隣住民が日常的に訪れるため、店舗が新しくOPENした場合も認知してもらいやすい傾向にあります。
  • 有名な商店街になればなるほどお店を出したい希望者が多くなります。出店希望者も不動産屋を回り、撤退情報が入り次第教えて欲しいと言うような順番待ちのケースもあります。商店街にブランドがあればあるほど居抜き店舗の価値を上げてくれる可能性は十分にあります。

商店街 の居抜き売却のデメリット

  • 商店街は店舗が集まっているため、組合などのルールがあったりもします。置き看板の設置が禁止されていたり、キャッチやビラ配りが禁止されたりなど。近隣との関係性を大事にしている家主さまは、業態が近隣の店舗とかぶらないように配慮する場合もありますので事前に確認しておくと良いでしょう。

商店街 の居抜き売却実績例

場所: 東京都大田区
駅名: 大森駅
面積: 18坪程度
階数: 2階
売却までの期間: 2ヶ月
売却金額: 造作200万円で売却成功
売却成功要因: 大森の商店街に空きが少なく申し込みが数件入りました。造作金額の交渉が入りましたが、人気があったため満額にて売却成功。

まとめ

商店街の店舗は比較的人気がある立地といえるでしょう。
人気の高い商店街にお店を構えていれば、その分売却時の価値が上がる可能性もあります。 しかし商店街もさまざまですので、空きテナントが多い商店街などは、逆に売却のマイナス要因になることもあります。まずは商店街の価値を含めた店舗の査定をしてみてはいかがでしょうか?