飲食店買取りJPトップ

焼肉店

  • 高額期待度★★★★☆
  • 出店人気度★★★☆☆
  • 家主好感度★☆☆☆☆
  • 焼肉店に分類される業態としてホルモン業態、海鮮業態、焼肉バル業態などがある。
  • 焼肉店は店舗の中でも最も煙が出る業態で専門のダクト設備が必要な業態である。
  • 食材をどう焼くかで設備が変わってきます。炭を使用する七輪タイプ(ダクトは天井)、テーブル設置タイプの無煙ロースター(ダクトは床下)に分かれます。
  • 通常の店舗より設備費用がかかるため、個人の新規出店よりもある程度店舗数を持っている買取り希望者が多い。
  • 買取り希望者が他の業態と比べ同業態の方が多い。一番の理由はダクトなどの設備をそのまま利用して出店費用を抑えたいため。

焼肉店(ホルモン焼、海鮮焼、焼肉バルなど) を高額売却するポイント

  1. 焼肉店を居抜きで出店したい方には初期費用を大幅に抑えられる。特にテーブルごとに設置されているダクトは設置費用も高く、そのまま使えれば希少性は高い。
  2. 焼肉店は家主様から業態承諾を貰うのが難しいため、通常嫌がられる他の重飲食の業態(中華料理店、カレー店など)でも家主様に業態承諾を貰える可能性が高い。

その他豆知識

  • 煙のほか、油も多い業態なのでダクトの清掃も非常に重要。煙を吸わない状態では逆に費用がかかり敬遠される可能性もある。
  • ダクトが屋上に上がっていないなどの煙対策をしっかりしていない場合、近隣や家主とトラブルになっている可能性もある。

焼肉店(ホルモン焼、海鮮焼、焼肉バルなど) の居抜き売却実績例

場所: 東京都渋谷宇田川町
駅名: 渋谷駅 徒歩4分
面積: 25坪程度
売却までの期間: 2ヶ月
売却金額: 造作250万円で売却成功

買取り希望者が同じ焼肉屋であったため、満額にて売却につながりました。

◆居抜きせずに閉店した際の想定コスト
 〜原状回復工事(スケルトン戻し)の費用比較〜

原状回復工事(スケルトン戻し)にした場合の費用として。
飲食店の店舗を閉店する際、通常1坪5万円~10万円の原状回復工事(スケルトン戻し)費用がかかります。
特に重飲食である焼肉店は、ダクト設備などの撤去が加わり高額になることもあります。

たとえば1坪10万円で原状回復費用(スケルトン戻し)を計算すると、25坪の店舗では約250万円の費用がかかります。造作を250万円で売却できたということは差額500万円のプラスになりました!!

まとめ

焼肉店を開業したい方の多くが焼肉店の居抜き物件を探しており、同業態であれば比較的高額で成約しやすい業態の一つです。
逆に全く別の業態の場合、特殊な設備を撤去する費用がかかる場合もあります。いかに同業態(焼肉、ホルモン、海鮮焼など)の方に高く買って貰えるかがポイントになってきます。
店舗の清掃状態の印象は売却金額に直結しますので、ダクト周りはもちろんのこと、客席、厨房、排気口の油汚れなど、きれいな状態を保っていることが一番大事です。