飲食店買取りJPトップ

テイクアウト店

  • 高額期待度 ★★☆☆☆
  • 出店人気度 ★☆☆☆☆
  • 家主好感度 ★★★☆☆
  • イートインスペースがなく、比較的坪数が小さい1階路面の小型店舗が多い。
  • セントラルキッチンの機能が別の場所にある場合は、厨房機器等設備があまり充実していない。
  • お弁当などを周辺の企業等へ宅配している場合、その顧客をそのまま次の買取り希望者に紹介して引き継ぐことで高額売却に繋がる可能性もある

テイクアウト店 の居抜き店舗を高額売却するポイント

  1. 主な設備は冷蔵ショーケース等になり、重飲食等の業態には向いていない。同じテイクアウトをしたい買取り希望者をターゲットとして売却することが多い。
  2. デリバリーなどもしている場合、バイクの駐輪スペースがあると重宝される。
  3. お弁当などを周辺の企業等へ宅配している場合、その顧客をそのまま次の買取り希望者に紹介して引き継ぐことで高額売却に繋がる可能性もある。

その他豆知識

  • 駅前商店街など繁華街立地にあるテイクアウト店であれば物販やアパレル等の他業種での出店も可能である。その場合、次テナントが内装を使用しなくとも高額で店舗売却できる可能性もある。

テイクアウト店 の居抜き売却実績例

場所: 東京都世田谷区
駅名: 下北沢駅 徒歩3分
面積: 5坪程度
売却までの期間: 1ヶ月半
売却金額: 造作100万円で売却成功

惣菜をメインとするテイクアウト店。イートインスペースも無く、簡易的な厨房設備しか無かったが、立地が良いためアパレル店を出店したい買取り希望者へ高額売却成功。

◆居抜きせずに閉店した際の想定コスト
 〜原状回復工事(スケルトン戻し)の費用比較〜

原状回復工事(スケルトン戻し)にした場合の費用として。
飲食店の店舗を閉店する際、通常1坪5万円~10万円の原状回復工事(スケルトン戻し)費用がかかります。 上記のように、立地次第では別の業種への売却も可能です。勿論次テナントは飲食の内装を必要としない為、一旦スケルトンに戻す工事が必要になります。

たとえば、居抜きでの売却をせずに1坪10万円で原状回復費用(スケルトン戻し)を捻出した場合、5坪の店舗では約50万円の費用がかかります。造作を100万円で売却できたということは差額150万円のプラスに!!

まとめ

テイクアウト店は内装を売却するというよりは、立地や宅配用車両等のスペースが確保されているか?ということが高額売却のポイントとなります。
また、売却する際には買取り希望者に好印象を持って貰う事がとにかく大事です。店内や厨房の通常の清掃だけでなく、エアコンなどの空調機や駐車場の清掃などいつも以上に清潔を心掛けて印象を良くしましょう。