飲食店買取りJPトップ

中華料理店

  • 高額期待度★★★★☆
  • 出店人気度★★★★☆
  • 家主好感度★☆☆☆☆
  • 中華料理店は重飲食に分類され油や匂いが多い業態である
  • 中華を料理する上で設備容量やダクトが他の業態よりしっかり完備されている
  • 外国籍のオーナー様が多い

中華料理店 の居抜き店舗を高額売却するポイント

  1. ダクトや電気、ガス容量がしっかりしているため次の業態が重飲食など、何業でも対応可能である。
  2. 設備でお金がかかるダクトがしっかり設置(屋上まで等)している
  3. 外国籍のオーナー様が多い中華店は家主様の次の業態の審査が通りやすい。(たとえば外国籍→外国籍)
  4. 中華は特殊な厨房機器(茹で麵器、中華レンジ、餃子焼き器等)が多い為、次の出店希望者がその機器をそのまま使用する業態であれば高額になる可能性あり。

その他豆知識

  • 油の使用が多くどうしても店内の床や壁が油っぽくベタベタになってしまいます。次の買取り希望者が内見する際には店内、厨房機器を念入りに清掃して少しでも油っぽさを減らしましょう。
  • 居抜きを売却する時に家主様の許可が必要です。重飲食は一度承諾を取ってもテナントの入替時に断られる可能性も多いので家主さんと仲良くしておくことも大事です。

中華料理店 の居抜き売却実績例

場所: 神奈川県横浜市港北区
駅名: 綱島駅 徒歩1分
面積: 20坪程度
売却までの期間: 1ヶ月
売却金額: 造作400万円で売却成功

買取り希望者が同業態で、内装をほとんどそのまま使用するということだったため高額売却に繋がりました。

◆居抜きせずに閉店した際の想定コスト
 〜原状回復工事(スケルトン戻し)の費用比較〜

原状回復工事(スケルトン戻し)にした場合の費用として。
飲食店の店舗を閉店する際、通常1坪5万円~10万円の原状回復工事(スケルトン戻し)費用がかかります。
中華料理店は他の業態に比べて厨房設備や排気設備などが頑丈に造り込まれていることもあり高額になることもあります。

たとえば、1坪10万円で原状回復費用(スケルトン戻し)を計算すると、実績例の物件は、約200万円の費用がかかります。造作を400万円で売却できたということは差額600万円のプラスになりました!!

まとめ

中華料理店は比較的人気が高い業態と言えるでしょう。しかしどうしても油を使用する料理が多いため、店内の床や厨房が油っぽくなりがちです。
買取り希望者の印象として清潔さは勿論重要ですが、マイナス部分があると造作の減額交渉の材料になってしまうこともありますので日ごろよりも綺麗に見せることも売却のヒケツです。