飲食店買取りJPトップ

カフェ・喫茶店

  • 高額期待度★★☆☆☆
  • 出店人気度★★★☆☆
  • 家主好感度★★★★☆
  • カフェ店の特徴として居酒屋・ラーメン・焼肉店のような重飲食というくくりではなく、軽飲食として位置づけられている。
  • 軽飲食のため、しっかりとしたダクトやグリース・トラップのような設備を必要としないケースが多く、簡易的な厨房設備での出店が可能である。
  • 匂い、煙、油などが少なく遅くまで営業しないことなどから家主さまに嫌がられるケースが少ない。軽飲食だけでテナント募集をしていることもある。

カフェ・喫茶店 の居抜き店舗を高額売却するポイント

  1. 多業態と比べて煙や油等を多く使用しないので、店内の経年劣化が少ない。
  2. 閉店後、同業態への売却であれば厨房設備機器などをそのまま使用できるので、後継テナントも出店がしやすく、早く高値で決まりやすい。
  3. 内装をこだわっている店舗やエスプレッソマシーンやなどのカフェ・喫茶店ならではの設備があると高額につながるケースあり。

その他豆知識

  • カフェ・喫茶店は重飲食向けの設備機器を有していないケースが多いため、重飲食をやりたい買取り希望者としては出店の際に追加コストが多くかかります。重飲食をやりたい買取り希望者には高額売却を期待できません。さらに家主さまから重飲食は断られる可能性もあり。
  • カフェ・喫茶店は昼間の集客をメインとしている店舗が多く、夜間や深夜の営業をしていないケースも多々あります。しかしながら夜はアルコールを取扱いたい買取り希望者も多いので、店舗の営業可能時間を家主さまとの賃貸借契約書で事前に確認をしておきましょう。

カフェ・喫茶店 の居抜き売却実績例

場所: 東京都世田谷区
駅名: 三軒茶屋駅 徒歩10分
面積: 15坪程度
売却までの期間: 1ヶ月
売却金額: 造作200万円で売却成功

同じカフェ業態での買取り望者者であったため、ほぼお金をかけずに出店が可能であることから高額売却にいたりました。

◆居抜きせずに閉店した際の想定コスト
 〜原状回復工事(スケルトン戻し)の費用比較〜

原状回復工事(スケルトン戻し)にした場合の費用として。
飲食店の店舗を閉店する際、通常1坪5万円~10万円の原状回復工事(スケルトン戻し)費用がかかります。
カフェ・喫茶店は軽飲食なので費用が比較的安く抑えられることがあります。

たとえば、一坪5万円で「原状回復工事(スケルトン戻し)」費用を計算すると、15坪で75万円の費用がかかります。造作を200万円で売却できたということは差額275万円のプラスになります。

まとめ

家主さまにもっとも好かれやすいカフェ・喫茶店業態。高額のヒケツは店内装の美観がどれだけ維持できているか、そのまま居抜きを活用したい買取り希望者を見つけられるかがポイントになってきます。一人でも多くの買取り希望者に店舗を内見してもらい気に入って貰えるよう客席や厨房含めて清掃をしっかり行いましょう。