飲食店買取りJPトップ

茹で麺器

居抜きとは、閉店に際してお店の内装や厨房設備等をそのまま売買や賃貸することをいいます。オーナーさまが作った想い入れのある店舗を買取り希望者に少しでも高く買ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?
共通点として一番大事なことはお店を綺麗に清潔にしておくことです。第一印象は非常に重要です。現在営業されている業態を少しでも活かして閉店後の高額売却に結び付けましょう。

茹で麺器の店舗物件を高額売却する為のヒケツページです。
茹で麺器の店舗物件を売却したいと考えている方へ、茹で麺器の居抜き物件を高値で売買する為のポイントをお伝えします。

茹で麺器の居抜き店舗の特徴

飲食店の閉店というのは、通常であればかなりのコストがかかります。
ところが、内装・厨房器具・備品などを残したまま、次の買主に譲渡する「居抜き」にすると、コストを抑えてお店を閉めることができますし、店内や厨房器具の状態次第では、高く売って儲けることも可能です。

飲食店を経営していて、「飲食店を居抜きで売りたい」と考えている方の中には、厨房器具として「茹で麺機」を所有している方も多くいらっしゃるかと思います。
ラーメン・うどん・そばなど、麺類を提供しているお店にとっては必要不可欠な厨房器具ですよね。
では、茹で麺器を残したままの状態のお店を良い値段で売却するためにはどうしたら良いのか、そのヒケツをご紹介していきたいと思います。

■居抜きは売主・買主両方にメリットがある■
居抜きでお店を売ることには、売主はもちろんのこと、新たな買主のほうにもメリットがあります。

◇売主側のメリット◇
・コストを抑えてお店を閉めることができる
・閉店直前までの営業が可能
・内装や厨房器具などを丸ごと買い取ってもらうことができる など…
 
◇買主側のメリット◇
・コストを抑えてお店を始めることができる
・開店準備が短期間で済む
・早期に利益を得ることができる など…

■茹で麺器を高く売るためのヒケツ■
厨房器具というのは、購入から5年が経過すると買い取ってもらうことが難しくなるので、やはり新しいほうが高く買い取ってもらえる傾向にあります。
また、5年が経過していなくても、劣化が激しい・足りない部品がある・取扱説明書を紛失しているといった状態であれば、買取価格に響いてしまうので、普段から茹で麺器を大事に扱うように心掛ける必要があります。

■その他店舗を高く売るためのヒケツ■
飲食店を高く売るためには、買取希望者が多く名乗り出るような状態でなければいけません。
つまり、「立地条件が良い」「店内に清潔感がある」「手頃な広さの店内」「厨房器具や備品が揃っている」 「グリーストラップやダクトなどの設備が整っている」といった、ベストな状態のお店だと評価は高くなります。

■店舗買取業者の利用が有効■
飲食店の店舗を売却する場合は、店舗買取業者を利用するのがおすすめです。
また、比較的短期間で次の買主とマッチングさせてくれるので、早い時期に譲渡できる可能性もあります。
飲食店買取りJPは、店舗の閉店と売却に関する専門知識を持っているので、売主の様々な相談にお伺いし、少しでも高く売ることができるように、貸主との交渉を代わりに行います。
相談無料、査定無料ですので、まだ迷っている段階という方でもお気軽にお問合せください。