飲食店買取りJPトップ

立て看板

居抜きとは、閉店に際してお店の内装や厨房設備等をそのまま売買や賃貸することをいいます。オーナーさまが作った想い入れのある店舗を買取り希望者に少しでも高く買ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?
共通点として一番大事なことはお店を綺麗に清潔にしておくことです。第一印象は非常に重要です。現在営業されている業態を少しでも活かして閉店後の高額売却に結び付けましょう。

立て看板の店舗物件を高額売却する為のヒケツページです。
立て看板の店舗物件を売却したいと考えている方へ、立て看板の居抜き物件を高値で売買する為のポイントをお伝えします。

立て看板の居抜き店舗の特徴

立て看板とは店の前などに置かれているもので、開店時に表へ出し、閉店時にしまうことで営業中かどうかを知らせる役割も持っています。このような立て看板については簡単に撤去することが可能ですが、壁面などに取り付けられている看板の撤去に関しては看板業者に依頼して行ってもらう必要があります。撤去が遅れると退去自体も遅れ、余計に諸費用はかかることになるので注意が必要です。

飲食店店舗退去の際、備わっている厨房設備や内装については専門業者に依頼し撤去し、自分が再使用しないのであれば譲渡先を探すか、廃棄する必要がありますが、そのまま取り付けた状態での退去も考えることができます。設備や什器、内装を、その店舗で次に飲食店の営業を始めるオーナーに売却するもので、撤去にかかる費用の節約や、手間の大幅な短縮につながります。このような居抜き物件は現在、人気が上昇しており、すぐに次の入居者が決まる傾向にあります。

飲食店は他の業種に比べて新規参入が比較的しやすいことを特長としています。経験のない人が開業店舗を探している割合も多く、このような初心者にとって居抜きは大変使い勝手が良い物件になります。居抜き物件は新しく設備や什器、内装といった必要品の買取り・工事を行う必要がなく、知識や経験がなくてもすぐに開店させることができるからです。

しかしこのような場合においても看板については取り外さなければならないので、注意が必要です。