飲食店買取りJPトップ

シンク

居抜きとは、閉店に際してお店の内装や厨房設備等をそのまま売買や賃貸することをいいます。オーナーさまが作った想い入れのある店舗を買取り希望者に少しでも高く買ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?
共通点として一番大事なことはお店を綺麗に清潔にしておくことです。第一印象は非常に重要です。現在営業されている業態を少しでも活かして閉店後の高額売却に結び付けましょう。

シンクの店舗物件を高額売却する為のヒケツページです。
シンクの店舗物件を売却したいと考えている方へ、シンクの居抜き物件を高値で売買する為のポイントをお伝えします。

シンクの居抜き店舗の特徴

厨房器具の中でも、シンクはどのような飲食店にも必要なものです。
安全な料理を提供するため、食べ物に直接触れるものが触れる機会の多いシンクが清潔で衛生的な状態で保たれていることは絶対条件となります。
しかし、食器や調理器具を洗う場であるため、キッチンのなかでも汚れがたまりやすい場所であることもまた事実です。
シンク付きの居抜き店舗物件を高額売却するには、どんなポイントに気を付けるべきなのでしょうか。

 シンクには一槽のものから三槽のものまであり、舟形のもの、さらにはスノコや水切りがついたものから、足に車輪が付いて移動できるシンクまで多種多様なものがあります。
メーカーや製造年はもちろんですが、それ以上に重要になってくるポイントは、売却時の状態になります。
 
まず基本的なこととして、シンクをきれいな状態にしておくことが大切になります。
石けんカスや、水道水のミネラル分が固まって残った水垢は、ステンレス製のシンクでは白く目立ってしまうため、汚れて見えてしまいます。
石けんカスは、濡らしたシンクに重曹をふりかけスポンジでこするなどですぐにきれいになりますし、水垢は、クエン酸をつけたスポンジで掃除すれば落とすことができます。
清潔な見た目にしておくことは印象におおきくかかわりますから、少しの手間をかけることは大切なことになります。
 
また、シンク内の汚れの次にかかわってくるのは排水口ですが、これもお湯に溶いた重曹を流すことによってきれいにすることができます。
排水口は臭いの元にもなりますから、きちんと掃除しておくことが大切です。
こうしたひと手間をかけることが、厨房器具の高額売却への一歩となります。

現在経営中の飲食店を閉店し、店舗の売却を検討している場合、なるべく高額で買取ってもらいたいとお考えになることと思います。
もし、これまで利用していた厨房器具が揃っているなら、内装や器具をそのままにした居抜きでの売却をおすすめします。
居抜きでの売却の場合、閉店にかかわる様々なコストを大幅に抑えられるというメリットがあります。
本来なら発生するような、原状回復費用・解約予告家賃・保証金償却費といった様々なコストを最小限に抑えることで、買い手へ早期に譲渡することができます。
さらに買い手は、ある程度の設備が整っているため、短期間の準備で営業を開始することができます。
つまり、買い手のことを考えたひと手間が、閉店後の高額売却につながるのです。