飲食店買取りJPトップ

ショーケース

居抜きとは、閉店に際してお店の内装や厨房設備等をそのまま売買や賃貸することをいいます。オーナーさまが作った想い入れのある店舗を買取り希望者に少しでも高く買ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?
共通点として一番大事なことはお店を綺麗に清潔にしておくことです。第一印象は非常に重要です。現在営業されている業態を少しでも活かして閉店後の高額売却に結び付けましょう。

ショーケースの店舗物件を高額売却する為のヒケツページです。
ショーケースの店舗物件を売却したいと考えている方へ、ショーケースの居抜き物件を高値で売買する為のポイントをお伝えします。

ショーケースの居抜き店舗の特徴

飲食店では、ほとんどの店で特殊な厨房機器を使っています。
同じ飲食店でもフライヤーやレンジ、グリルなど、作っている料理によって使う機器はさまざまです。

新しく飲食店を始めたいと思っている人にとって、それらを全て揃えるのは大変なことです。
こだわりを持って、自分の希望通りの厨房機器をひとつひとつ買い揃えたいと思っていても、予算もありますからなかなか難しいでしょう。

しかし、閉店した店舗をそのまま居抜きで購入すれば、厨房機器を一から揃える必要はなくなります。
ほとんどの機器が揃っている状態ですから、残りの必要なものだけを購入するので、初期費用はかなり低く抑えることができます。

このように、居抜きの物件は買い手側にかなりメリットがあるので、非常に人気があります。
閉店した店舗を売却しようと思っているなら、居抜きでの売却がおすすめです。

新たにお店を始めたい人は、なるべく初期費用がかからないようにしたいものですが、店舗を売却するほうも閉店にかかる費用を少なくしたいものです。
居抜きで売却をすれば、店内設備の取り外し費用や運送費などがかからないので、売る方にもメリットがあるのです。

飲食店の居抜き物件を専門に扱っている不動産業者もあります。
このような業者を利用すると買い手が見つかりやすいので、あまり時間をかけずに店舗を売却することができます。

業者に頼むと余計な費用が発生したり、騙されるのではないかと思う人もいるようですが、金額の交渉なども間に入って処理してくれるので安心です。
こういった会社の人は、特に専門知識が豊富ですから、より高い金額で店が売れるようにアドバイスもしてくれます。

ショーケースや高圧スチームなど、専門的な設備がある場合は特に、それも含めて欲しがっている人を探してくれます。
個人で買い手を見つけるとなると、そうはいかないでしょう。

仲介業者はたくさんあるので、店舗の見積もりを各社に出してもらうというのもいい方法です。
買い取り額は厨房設備や什器などの設備に加え、立地なども加味して計算されます。

店内の設備の状態があまりよくないような場合には、そのまま居抜きで売るか、撤去した方がいいかなどについても考えて見積もりを出してくれるので、具体的な金額がはっきりわかって安心できます。
逆に、設備だけが新しいような場合は、居抜きではなく、設備を別に売った方がいいというようなアドバイスももらえるので、ぜひ業者の利用を検討してみてください。
飲食店買取りJPでは、出店したい方のための物件紹介サイト「ぶけなび」と連携して、お客様の店舗の買取り手をお探し致します。
ぜひ一度お問合せください。