飲食店買取りJPトップ

サラマンダー

居抜きとは、閉店に際してお店の内装や厨房設備等をそのまま売買や賃貸することをいいます。オーナーさまが作った想い入れのある店舗を買取り希望者に少しでも高く買ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?
共通点として一番大事なことはお店を綺麗に清潔にしておくことです。第一印象は非常に重要です。現在営業されている業態を少しでも活かして閉店後の高額売却に結び付けましょう。

サラマンダーの店舗物件を高額売却する為のヒケツページです。
サラマンダーの店舗物件を売却したいと考えている方へ、サラマンダーの居抜き物件を高値で売買する為のポイントをお伝えします。

サラマンダーの居抜き店舗の特徴

飲食店の閉店は、通常であればかなりのコストがかかり、戻ってくる保証金だけでは賄いきれないことも珍しくありません。
ところが、内装・厨房器具・備品などを残したまま譲渡する「居抜き」での閉店にすると、コストを抑えてお店を閉めることができます。
また、立地条件が良かったり、厨房器具の状態が万全だったりと、飲食店を営業する上での好条件が重なると、高く売却して儲けることもできます。

飲食店の閉店と売却をするにあたって、「サラマンダー」を残し、次の買主に再利用してもらいたいと思っている方もいらっしゃるのではないかと思います。
サラマンダーというのは、料理に程よい焦げ目をつけて料理をよりおいしく見せることができる、どちらかというと料理の見た目を良くする目的で使用される厨房器具です。
焦げ目をつけるための厨房器具ですから、グリルとは別物になります。

サラマンダーは、料理だけではなくお菓子にも使用できるものなので、これまでサラマンダーを重宝してきた店主の方も多いはずです。
では、サラマンダーを残したままの状態の飲食店店舗を、高い金額で売却するためにはどうすべきなのでしょうか。
今回は、そのヒケツをご紹介したいと思います。

サラマンダーを高く売るためには、やはり「日頃のお手入れ」が重要になります。
料理に焦げ目をつける厨房器具ですから、どうしても中に焦げ付きが残ってしまいやすく、焦げ付きが残っていると高く買い取ってもらうことが難しくなります。
そして、その焦げ付きが蓄積されていくと、「サラマンダーを売りたい」と思った時に掃除をしようとしても、キレイに取り除くことが困難になりますし、無理に焦げ付きを取ろうとして、サラマンダーに傷をつけてしまうおそれがあります。
しかしながら、焦げ付きは日頃のお手入れを怠らないことで予防することが可能なので、日頃のお手入れは怠らないように気をつけましょう。

また、サラマンダーは、それほど幅広い飲食店で使用されるものではないため、需要はあまり多くはないのですが、新品を購入しようとするとかなりの出費になります。
そのため、新品よりも中古のサラマンダーを求めている人は結構多いので、中古であっても高額売却は充分可能です。

そして、店舗の売却に関しては、サラマンダーを含めた厨房器具や備品などを残していくためには、貸主からの承諾がなければいけません。
ただ、もし万が一承諾が貰えなかった場合のことも考えて、あらかじめ「店舗の原状回復費用はどれくらいかかるのか」ということも把握しておきましょう。