飲食店買取りJPトップ

陸屋根

居抜きとは、閉店に際してお店の内装や厨房設備等をそのまま売買や賃貸することをいいます。オーナーさまが作った想い入れのある店舗を買取り希望者に少しでも高く買ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?
共通点として一番大事なことはお店を綺麗に清潔にしておくことです。第一印象は非常に重要です。現在営業されている業態を少しでも活かして閉店後の高額売却に結び付けましょう。

陸屋根の店舗物件を高額売却する為のヒケツページです。
陸屋根の店舗物件を売却したいと考えている方へ、陸屋根の居抜き物件を高値で売買する為のポイントをお伝えします。

陸屋根の居抜き店舗の特徴

店舗を出店する物件にはさまざまなタイプがありますが、その屋根に着目している方は少ないのではないでしょうか。しかし、屋根の形状によって、店舗の印象は大きく変わるものです。その中でも最近注目されているのが、陸屋根(ろくやね)と呼ばれるタイプの屋根です。簡単に説明すると、傾斜がなくて平らになっている屋根のことを指します。

例えば高層ビルやマンションには、屋上にヘリポートを作るために陸屋根を採用しているものが多く見られますし、雪の多い地域では、落雪事故を防ぐために陸屋根を導入している物件が多いです。それに加えて、最近ではデザイン性を重視している飲食店が陸屋根の物件に入居するケースも増加しています。

陸屋根のメリットのひとつに、屋上でさまざまな試みが行えるということがあります。例えば屋上緑化や屋上庭園など、緑を増やす取り組みをしている物件は少なくありません。飲食店では、屋上庭園で栽培した野菜を料理に使うなどといったユニークな試みを実施している店舗も存在します。

また最近では、太陽光パネルを陸屋根に設置するケースも多くなっています。電力料金が高騰している昨今において、飲食店で用いる電気を自家発電できれば、コストメリットにも繋がるのです。

もし陸屋根を採用する場合には、雨水が溜まらないようにする為に防水加工を施す必要があります。排水を確保するために、軽く傾斜を設けたり、防水性に優れた素材で屋根を建てたりという工夫が求められます。

そして、陸屋根を採用した物件は人気が出やすいので、それを売却したり、譲渡したりするのも実現しやすいでしょう。買取りする側にも都合がいいように、居抜きで売却すれば尚さらです。