飲食店買取りJPトップ

ネタケース

居抜きとは、閉店に際してお店の内装や厨房設備等をそのまま売買や賃貸することをいいます。オーナーさまが作った想い入れのある店舗を買取り希望者に少しでも高く買ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?
共通点として一番大事なことはお店を綺麗に清潔にしておくことです。第一印象は非常に重要です。現在営業されている業態を少しでも活かして閉店後の高額売却に結び付けましょう。

ネタケースの店舗物件を高額売却する為のヒケツページです。
ネタケースの店舗物件を売却したいと考えている方へ、ネタケースの居抜き物件を高値で売買する為のポイントをお伝えします。

ネタケースの居抜き店舗の特徴

様々な理由から、経営している飲食店の閉店を考えている店主の方もいらっしゃるかと思います。
どのような理由であっても、閉店は「1つのスタートライン」ですから、前向きに捉えたいものですが、お店の閉店作業を行うにあたっては、「いくらでもコストを抑えたい」「高く売ってお金を手に入れたい」という考えのほうが先立ってしまうはずです。
このように、コストを抑えてお店を高く売りたいという場合には、厨房器具・備品・内装を残したまま売りに出す、「居抜き」という状態での売却がおすすめです。

飲食店に設置されている厨房器具の1つとして、「ネタケース」がありますよね。
「ネタ」という言葉が使われている通り、お寿司のネタを保管するための厨房器具です。
ネタケースは、ネタの鮮度を保つのに適した一定の温度と湿度を保ってくれるので、おいしい状態でお客さんにお寿司を提供することができます。
また、お寿司のネタを保管するだけではなく、お寿司のネタをお客さんに見てもらうためのディスプレイとしての役割も果たす、一石二鳥とも言える厨房器具なので、お寿司屋さんにとってはなくてはならない存在です。

では、お寿司屋さんにとって必要不可欠なネタケースを残した状態で、飲食店の店舗を高く売るためにはどうしたら良いのか、そのヒケツをご紹介していきたいと思います。

高く買い取ってもらえるネタケースというのは、一言で言えば「衛生的なネタケース」になります。
お寿司屋さんが提供する料理というのは、加熱を必要とする料理ではなく、生の状態の料理を提供する場合がほとんどですから、衛生面にはより一層気を遣わなければなりません。

汚れが残ったままのネタケースは、衛生的にも問題があるので、高く買い取ってもらうことが難しくなりますし、やはりキレイなネタケースでなければ、お客さんから見てもネタがおいしそうに見えません。
ですから、ネタケースを高く売るためには、日頃からネタケースの掃除を徹底する必要があります。
そういった意味では、掃除がしやすい構造になっているネタケースは、衛生面の管理がしやすくて助かるので、高額売却が可能です。

また、ネタケースを残して飲食店店舗を高く売却するのであれば、「店舗買取業者」を利用したほうが有利なのですが、適当に選ぶのは危険です。
怪しい業者に引っかかってしまうかもしれませんし、「高く売りたい」という希望が叶わない可能性も高くなります。
ですから、やはり安全且つ高く売るためには、実績が豊富な業者を選びましょう。