飲食店買取りJPトップ

保温器

居抜きとは、閉店に際してお店の内装や厨房設備等をそのまま売買や賃貸することをいいます。オーナーさまが作った想い入れのある店舗を買取り希望者に少しでも高く買ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?
共通点として一番大事なことはお店を綺麗に清潔にしておくことです。第一印象は非常に重要です。現在営業されている業態を少しでも活かして閉店後の高額売却に結び付けましょう。

保温器の店舗物件を高額売却する為のヒケツページです。
保温器の店舗物件を売却したいと考えている方へ、保温器の居抜き物件を高値で売買する為のポイントをお伝えします。

保温器の居抜き店舗の特徴

店舗の閉店に伴う居抜き物件の売却の際には、保温器の種類によって査定の額が異なります。どのタイプの保温器があるかによって、売却先の業態によってニーズが異なるのはもちろんのこと、保温器自体の性能にも違いがあるからです。ここでは、代表的な保温器について、売却の際に知っておきたいポイントをご紹介します。

お味噌汁やスープなどの汁物を保温するための保温器が、スープジャーです。和洋を問わず、飲食店舗には必要な設備ですので、高性能のスープジャーがあると、より高い査定を受けることができます。サイズでは100人分以上の保温のできる16リットルサイズが使い回しの点で優れており、汚れがつきにくく、メンテナンスも簡単なオールステンレスのタイプが人気です。

マイコンを搭載したモデルであれば、設定温度で正確な管理ができるため、煮詰まったりする心配もありません。底ヒーターだけのタイプでは、内部の温度が場所によってばらつきがちですが、側面にもヒーターがあるタイプは均一に保温できるので安心です。マイコンを搭載していることで、温泉卵が作れるモデルもあり、こういった付加価値の付いた保温器には人気が集まります。

デリカテッセンやカフェ、サービスエリアなどでよく見かける保温器が、ホットショーケースでしょう。レジの横などに設置することで、食品をおいしそうにディスプレイしながら保温するためのショーケースです。ホットショーケースで人気のモデルは、内部が3段に分かれていて、それぞれに独自の照明が付随したタイプのものです。陳列されている食品を明るく照らすことができ、販売促進のきっかけ作りになることがポイントです。

他にも、弁当箱ごと保温することのできる保温庫も、意外と人気があります。一般的な保温器では加熱を行うのみで、庫内が乾燥しがちになることが少なくありません。保温庫のようなモデルでは、加熱だけでなく、庫内の湿度を適切に調整する機能が付いている場合があり、お米やお惣菜をみずみずしく保つことができます。

これらの高機能な保温器が付随していることで、居抜き店舗をより良い条件で売却することができるようになります。ただし、より高額での売却を行いたいのであれば、閉店する際にしっかりと清掃して、少なくとも庫内に汚れが一切ないようにしておかなければなりません。通常の使い方をしていれば、長期使用が可能な設備ですので、どれだけ清潔に使用されていたかが大きなポイントになると言えるでしょう。飲食店買取りJPの売却サポートサービスを利用すれば、効率的な店舗の売却ができてお勧めです。