飲食店買取りJPトップ

グリラー

居抜きとは、閉店に際してお店の内装や厨房設備等をそのまま売買や賃貸することをいいます。オーナーさまが作った想い入れのある店舗を買取り希望者に少しでも高く買ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?
共通点として一番大事なことはお店を綺麗に清潔にしておくことです。第一印象は非常に重要です。現在営業されている業態を少しでも活かして閉店後の高額売却に結び付けましょう。

グリラーの店舗物件を高額売却する為のヒケツページです。
グリラーの店舗物件を売却したいと考えている方へ、グリラーの居抜き物件を高値で売買する為のポイントをお伝えします。

グリラーの居抜き店舗の特徴

飲食店の経営が上手くいかなくなったり、調理人が高齢なのに後継者がいなかったりという理由で、やむを得ず店舗を閉店したいと思っている人も多いでしょう。
閉店してそのまま廃業してしまう場合は、店舗を売却することになると思いますが、自分で買い手を探すのはとても大変です。

また、その後の生活のためにも、より高く買い取ってもらったほうがいいのですが、自分で金額の交渉をするのも大変です。
そういう場合にぜひ利用したいのが飲食店の店舗売買を専門に扱う仲介業者です。

仲介業者は買い手を探してくれるのはもちろんですが、厨房設備やイス、テーブルといった店内の設備も込みで買い取ってくれて、転売するということもしてくれます。
居抜きで買い取ってもらえれば、閉店する時に原状回復をしなくてもよくなるので、閉店にかかる時間も費用も少なくてすみます。

飲食店を専門に売却してくれる仲介業者はたくさんあるので、インターネットなどで検索してよさそうだと思えるところを複数ピックアップしてみます。
その上で、複数の会社に見積もりを依頼してみましょう。

見積もりは、店内の厨房設備や什器などの価格の他、立地や周りの環境なども総合して金額が提示されます。
グリラーの火力が強く、メンテナンスもしっかりしてあたり、ダクトやグリーストラップなどの設備がしっかりしていると、見積金額が高くなります。

仲介業者は会社によって多少システムが違うので、どんな物件を探している人がいるか、買い手はどうやって探しているのかなど、詳しく聞いてみましょう。
店舗売却は見積もりの金額も大切ですが、担当者がちゃんと親身に相談に乗ってくれる会社を選ぶことも大切です。

仲介業者は閉店の際の貸主との交渉も代わりに行ってくれます。
店を閉める時には借りていた店舗を、借りた時と同じ状態に戻す“原状回復”をする必要がありますが、仲介業者は居抜きで譲り受けてくれる新しい経営者を見つけてくれるので、原状回復する必要がありません。

売却するお店の中をそのままで明け渡せばいいので、内装などの解体工事をすることもなく、厨房設備や什器などを運び出す必要もなくなります。
そうなると、前の店が閉まってから新しい店が開店するまでの期間も短くなるので、売り手にも買い手にもメリットが生まれます。

比較的大きめの仲介業者は、売り手と買い手の希望がうまく合うように検索できるサイトなども持っているので情報量も多く、それだけスムーズに売買が行えます。
飲食店買取りJPでは、出店したい方のための物件紹介サイト「ぶけなび」と連携して、お客様の店舗の買取り手をお探し致します。
ぜひ一度お問合せください。