飲食店買取りJPトップ

ガスコンロ

居抜きとは、閉店に際してお店の内装や厨房設備等をそのまま売買や賃貸することをいいます。オーナーさまが作った想い入れのある店舗を買取り希望者に少しでも高く買ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?
共通点として一番大事なことはお店を綺麗に清潔にしておくことです。第一印象は非常に重要です。現在営業されている業態を少しでも活かして閉店後の高額売却に結び付けましょう。

ガスコンロの店舗物件を高額売却する為のヒケツページです。
ガスコンロの店舗物件を売却したいと考えている方へ、ガスコンロの居抜き物件を高値で売買する為のポイントをお伝えします。

ガスコンロの居抜き店舗の特徴

飲食店舗の厨房に設置されているガスコンロも、店舗を閉店して売却する際に、高額査定を受けるための要素の一つになります。そのためには、きちんとメンテナンスされていることはもちろんですが、ガスコンロ自体の性能によるところが大きくなっていますので、ここでは高い査定で売却できるようなガスコンロについてご紹介します。

ガスコンロの良さは、火力が強力であること、そして、炎が鍋底を包み込むように集中することにより熱効率が高いということです。もちろん、強火から極弱火まで火力を自在に調整することができますし、バーナーヘッド方式によって目詰まりしにくく、メンテナンスが簡単だということも挙げられます。そのため、和洋中といった料理内容を問わず、幅広い用途に対応していますし、特に天ぷらなどの揚げ物や炒め物なども得意としています。

ガス台付コンロはコンロの受け台がセットになっているものですので、造作がしっかりしていることで安全であるばかりでなく、一体型で見た目にもすっきりしているのでこちらを好む人も少なくありません。ガス台付きコンロの中でも高額査定につながりやすいのは、ヒートトップ付のものや、立ち消え安全装置が付いたモデルです。

一方、コンロ本体だけで持ち運びに優れたタイプが、ガステーブルコンロです。トップバーナーの数によって種類があり、3つから6つ程度まで様々です。業務用の厨房ではどんぶりものの調理が多く、薄鍋を使うため、煮こぼれなどが起きやすい環境になっていますが、薄鍋用に設計をすることでコンパクトで実用的な作りになっています。

特殊設計によるリングバーナーを採用しているのも特色の一つです。炎孔が内側の炎のみになることで、バーナーの中央に炎が集中します。そのため、強い火力で熱効率が高まりますので、中華料理などの調理にも対応しています。トッププレートが全面ゴトクになっているため、鍋を隣に移動するのが簡単に行うこともできます。

業務用ガスコンロは、家庭用のものに比べても火力が強く、本体自体の消耗も少なくないため、日頃のメンテナンスをきちんと行っておかないと、閉店する際に居抜き店舗を高額で売却することができません。ゴトク内部に油汚れやこぼれ落ちた食材などが詰まっていないか、あるいは、ガス管の配管部分がすり減っていないかなど、こまめにチェックしておきましょう。メンテナンスのしっかりした物件は高額での売却ができますので、飲食店買取りJPの売却サービスを賢く利用しましょう。