飲食店買取りJPトップ

フライヤー

居抜きとは、閉店に際してお店の内装や厨房設備等をそのまま売買や賃貸することをいいます。オーナーさまが作った想い入れのある店舗を買取り希望者に少しでも高く買ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?
共通点として一番大事なことはお店を綺麗に清潔にしておくことです。第一印象は非常に重要です。現在営業されている業態を少しでも活かして閉店後の高額売却に結び付けましょう。

フライヤーの店舗物件を高額売却する為のヒケツページです。
フライヤーの店舗物件を売却したいと考えている方へ、フライヤーの居抜き物件を高値で売買する為のポイントをお伝えします。

フライヤーの居抜き店舗の特徴

現在、飲食店を経営されている方の中には、「そろそろ閉店したい」と思っている方もいらっしゃると思います。
閉店を考えた時、やはりお金がマイナスになるようなことは避けたいですし、むしろお金が戻ってくることを願いたいものです。
そうなると、内装・厨房器具・備品などを残したまま売りに出す「居抜き」という方法がベストです。

「飲食店を居抜きの状態で売却したい」と考えている方の中には、厨房器具として「フライヤー」を所有している方も多くいらっしゃるかと思います。
唐揚げや豚カツなどの揚げ物料理を提供しているお店にとって、フライヤーは必須アイテムであるはずです。
では、フライヤーを残したまま、飲食店を高く売却するためにはどうしたら良いのか、そのヒケツをご紹介していきたいと思います。

■そもそも「居抜き」のメリットって何?■
居抜きの状態でお店を売る場合のメリットとして一番大きいのは、「閉店するときのコストが抑えられる」というところにあります。
通常の方法でお店を閉める場合、「原状回復費用」「解約予告家賃」「保証金償却費」といったお金がかかり、せっかく戻ってきた保証金も全て消え、新たな出費が発生することも少なくないのですが、居抜きの場合だと、売却した分も含めて、保証金以上のお金が戻ってくる可能性があります。
また、内装や備品をそのまま引き渡すため、お店を閉める直前まで営業をすることができます。

■フライヤーを高く売るためのヒケツ■
一般的に、厨房器具は5年を過ぎると買い取ってもらうことが難しくなりますし、5年を過ぎていなくても、劣化が激しかったり、部品などが揃っていなかったりすると、買取価格に悪影響を与えてしまいます。
つまり、普段から厨房器具を大事にし、メンテナンスをしっかりと行っておくと、相場が高くなる傾向にあるようです。
また、売る前にピカピカにしておくことも大切です。

■その他店舗を高く売るためのヒケツ■
居抜きの飲食店の店舗は、厨房器具や設備がきちんと揃っている場合や、次に営業を始める飲食店に合った立地条件や内装である場合などに、高く売れる傾向があるようです。
また、食べ物を扱う場所である以上、清潔感も大事なので、店舗クリーニングを利用して、店内をキレイな状態にしてから売ると良いでしょう。

■店舗買取業者を利用しよう■
「店舗買取業者」というのは、お店の売買に関する事業を行っている業者です。
専門的な知識を持っているので、閉店と売却に関する相談もできますし、高く売りたいという意向を尊重してくれるので、高額での売却につながりやすくなります。
飲食店買取りJPなら、お客様のお悩みをまずお伺いし、ご希望にあった売却プランをご提案させて頂きます。
査定、ご相談はいつでも無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。