飲食店買取りJPトップ

コールドテーブル

居抜きとは、閉店に際してお店の内装や厨房設備等をそのまま売買や賃貸することをいいます。オーナーさまが作った想い入れのある店舗を買取り希望者に少しでも高く買ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?
共通点として一番大事なことはお店を綺麗に清潔にしておくことです。第一印象は非常に重要です。現在営業されている業態を少しでも活かして閉店後の高額売却に結び付けましょう。

コールドテーブルの店舗物件を高額売却する為のヒケツページです。
コールドテーブルの店舗物件を売却したいと考えている方へ、コールドテーブルの居抜き物件を高値で売買する為のポイントをお伝えします。

コールドテーブルの居抜き店舗の特徴

◆ コールドテーブル の一般的な購入費用

新品 10万円 〜 55万円
中古 8万円 〜 30万円

◆ コールドテーブル が必要な業態

居酒屋・バル店、イタリアン・フレンチ店、中華料理店、焼肉店、ラーメン店、そば・うどん店、カレー店、鉄板焼き、レストラン、デリバリー店、バー、ケーキ屋、テイクアウト店

コールドテーブル ありの居抜き店舗の概要

厨房機器のなかでも比較的安価なコールドテーブルは重飲食、軽飲食問わずさまざまな店舗で利用されています。たまに冷蔵庫と混同されているかたもいらっしゃいますが、その用途は大きく違います。
コールドテーブルの大きな特徴はなんといってもその上で作業ができる!!につきます。

例えばコールドテーブルの上にまな板を置き、食材を切るスペースに使っている方、最後の盛り付けなどのスペースに使っている方、ドリンクを作るスペースに使っている方等々、店舗によってさまざまな形で役立っております。

種類も豊富なコールドテーブルは冷凍、冷蔵、冷凍冷蔵で分かれているほか、上が通常のシンクになっていたり、和食用の舟形シンクになっていたり、さらにはサラダバー食べ放題のファミレスなどに、小さな仕切りでよく冷えた野菜やフルーツがおいてある店舗がありますが、それもコールドテーブルだったりもします。

コールドテーブル ありの居抜き店舗のまとめ

コールドテーブルはとにかく厨房設備の中でももっともポピュラーなものです。そのため買取り希望者の目線としてはシビアです。何年使用されているかもそうですが、1枚扉、2枚扉、3枚扉などの扉枚数、何よりもメンテナンスをしっかりしているか、が重視されます。
大切に使ってさえいれば、造作金額が上がるかもしれません。