飲食店買取りJPトップ

中華レンジ

居抜きとは、閉店に際してお店の内装や厨房設備等をそのまま売買や賃貸することをいいます。オーナーさまが作った想い入れのある店舗を買取り希望者に少しでも高く買ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?
共通点として一番大事なことはお店を綺麗に清潔にしておくことです。第一印象は非常に重要です。現在営業されている業態を少しでも活かして閉店後の高額売却に結び付けましょう。

中華レンジの店舗物件を高額売却する為のヒケツページです。
中華レンジの店舗物件を売却したいと考えている方へ、中華レンジの居抜き物件を高値で売買する為のポイントをお伝えします。

中華レンジの居抜き店舗の特徴

中華料理店に特有の設備と言えば、中華レンジです。
一般的な業務用ガスコンロに比べても強い火力ですので、購入価格も割高になるため、新規開店する際にはそれなりの費用を用意しておく必要があります。
そのため、中華料理店を閉店することになった際には、居抜き店舗を高額で売却できる場合が少なくありません。

中華レンジの火力の強さの理由は、強制混合燃焼方式ガンタイプバーナーという、強火力バーナーが搭載されていることによります。
この方式のバーナーは、ガスの燃焼に必要な空気を、強力なブロワーによって強制的にバーナーへと送り込むことでガスと空気が強制的にミックスされ、不完全燃焼が起きにくくなります。
もちろん、弱火の設定もできますし、点火や消火の際には全てワンタッチで作業を行える簡単設計にもなっています。

メンテナンスや安全性についても配慮がなされていて、ガンタイプのバーナーで目詰まりの心配がなく、密閉式システムで調理中の音も静かになるように設計されています。
ガスを使う設備で心配になるのが、水や湿気、熱などによって起こるトラブルですが、バーナー本体や電気系統システムが、燃焼部分と完全に分けられているため、トラブルの恐れも少なくなっています。
使用中に万が一バーナーの火が消えてしまった場合、漏れたガスによるアクシデントを防ぐための立ち消え安全装置も搭載されており、ガスが自動的に止まります。

閉店による売却の際に高額査定を受けやすい中華コンロには、他にも大気圧燃焼方式トリプルバーナー搭載タイプと呼ばれるものがあります。
新素材であるセラミックを採用したタイプのバーナーで、高火力で使用しても消耗が少ないため、長期間使用することができます。
角バーナーが3個ついたトリプルバーナーですので、強火力で熱効率が高く、炎口面積が大きく鍋の底面全体に炎が均一に当たるため、大量な食材を一気に調理できて人気です。
バーナーの取り外しも簡単に行えるため、掃除もしやすく衛生面に配慮されているモデルです。

これらの中華レンジでは本格的な炒め調理が行えるだけでなく、麺を茹でたりスープを温めたり、餃子を作ったりと幅広い調理を想定して設計されています。
また、連続スパーク方式の自動点火システムが採用されることで、業務用ガスコンロで必要な種火の用意をする必要もありません。
このような取り扱いの便利さも、店舗閉店の際に居抜き物件を高額売却するためのポイントです。
中華料理は売り手の有利な市場と言えますので、飲食店買取りJPを利用して、少しでも高く、賢く売却できる方法を考えましょう。