居抜きで店舗の閉店 売却 譲渡をお考えなら飲食店買取りJP

  • NEW
査定無料・相談無料・秘密厳守 査定無料・相談無料・秘密厳守 居抜きで店舗の閉店 売却 譲渡をお考えなら飲食店買取りJP

飲食店売却成功の実績多数

  • 飲食店買取実績
    1,258
  • 居抜き店舗買取希望者数
    29,157

飲食店買取りJPが選ばれる「理由!!」
独自の4つのサービス!!

クイック査定

※推奨環境は、iOS、Android。各OSで標準搭載されているブラウザ最新版。それ以外の環境ではサポート対象外となっております。

あなたのお店の査定価格は?

2,000,000

HOW MATCH!?

無料クイック査定

イメージ画像 イメージ画像

エリア

路線

階数

業態

坪数

駅徒歩

詳細設定をする

あなたのお店の査定価格は?

2,000,000
この内容でメールで問合せる

高額で売却するヒケツ

飲食店買取りJPとは?

飲食店オーナー様の店舗を安心!早く!高額!で売却・譲渡をお手伝い。

オーナー様の次のスタートを全力でサポートいたします。

詳しく見る!

売却・譲渡の流れ

解約に至るまでの流れや契約書の確認事項など、役立つ情報満載

買取りの流れ

STEP1:お問合せ STEP2:店舗取材 STEP3:募集開始 STEP4:募集開始 STEP5:出店希望者の審査 STEP6:家主さまとの面談・承認 STEP7:ご契約ご入金 STEP8:物件引き渡し
売却成功!
詳しく見る!

飲食店売却を考えているオーナー様へ飲食店売却・譲渡のノウハウ

Q&A・お悩み

よくあるご質問

FC(フランチャイズ)本部に内緒で後継テナントを探せますか?

飲食店を開業するには運営ノウハウは欠かせません。そのノウハウを得るのにもっとも手っ取り早いのがフランチャイズ加盟となります。他にも知名度やイメージで集客することも可能ですし、食材などが安定した価格で手に入るなど、特に初めて飲食店舗を出店するオーナーさまにとっては心強いものとなります。

しかし当然すべての店舗が成功するわけではありません。様々な事情により退店されるオーナーさまもいらっしゃることでしょう。中にはFC(フランチャイズ)本部に伝達することなく後継テナントを探されるオーナーさまもいます。ではFC(フランチャイズ)本部に内緒で後継を探すことは問題ないのでしょうか。

◆◆まずは契約書の確を!!◆◆

FC(フランチャイズ)で店舗を出店する際、ほとんどのオーナーさまはFC(フランチャイズ)契約、ライセンス契約などを締結しているかと思います。契約書を開いてみると解約などの条項はありませんでしょうか。
確認してみましょう。

少し前の契約書には、本部側からの解約権が明記されていても、加盟店側の解約権に関してはふれていないなどのものが多くありました。しかし近年では加盟店からの解約は認められるものの、契約期間内の解約は違約金が発生するなどという契約も多くなっております。

また、FC(フランチャイズ)本部にとって退店はマイナスイメージになりますので、たとえ家主さまが原状回復義務を免除してくれたとしても、FC(フランチャイズ)契約で閉店した場合ただちにスケルトン戻しの文言が入っていることも珍しくありません。

◆◆競業避止義務って聞いたことありますか??◆◆

こちらもFC(フランチャイズ)契約書に盛り込まれているが多いと思います。競業避止義務は企業秘密やノウハウの流出防止などを理由に設けられております。とくに加盟店に自社のノウハウを提供するFC(フランチャイズ)は他社にノウハウが流出してしまうことを防ぐ目的で競業避止義務を定めております。

FC(フランチャイズ)契約終了後、オーナーさまは同業種の営業を行えない。FC(フランチャイズ)本部よりマニュアルや契約書の返却を求める。などといったことを契約書に盛り込んでいるところもあります。

◆◆FC(フランチャイズ)本部に内緒で売却できるの?◆◆

はたしてFC(フランチャイズ)本部に内緒で売却できるのでしょうか。
若干のノウハウと仕入先だけ提供し、あとはオーナーさまの自由に運営、閉店を選択できるFC(フランチャイズ)本部も存在しますので、必ずしも不可ではありません。しかし内緒で募集するメリットはほとんどありません。

逆にFC(フランチャイズ)本部先に相談することによって、加盟店の中から買取り希望者を探して連れてきてくれる。違約金を緩和してくれるなどの事例も多くあります。まずはFC(フランチャイズ)本部に確認することをお勧めします。

土日祝日でも問合せできますか?

飲食店買取りJPの営業時間は、平日8時〜19時、土日も10時~19時までお問合せを受け付けております。
取材も事前のご相談で土日、祝日にも対応することが可能です。

「平日は店舗が忙しいので土日や祝日に相談したい」「従業員も出社しない週末の定休日に取材に来て欲しい」などのご要望にもお答えできます。

開業者の中には、平日は飲食店で勤務して内見は土日しかできないという方も多数いらっしゃいます。
飲食店買取りJPはそんな会員さまにも対応ができるサイトです。

原状回復工事(スケルトン戻し)の費用の相場はどの程度ですか?

原状回復工事(スケルトン戻し)にかかる費用は、現在の店舗の業態や内装の状況によって大きく変わります。

カフェなどの軽飲食は1坪あたり5万円程度、焼肉といった重飲食であれば、1坪あたり10万円程度が相場といわれています。

工事費用が高くなる例として
  • ・屋上までダクトが伸びていたり、排気ダクト、無煙ロースターなどの複雑な設備があったりする場合。
  • ・個室や小上がりなどの作り込んだ内装がある場合。
  • ・1階店舗でないうえに、エレベーターが使用できないなど搬出経路が複雑な場合。
  • ・作業が夜間しかできない場合。
  • 店舗の設備や工事業者によって金額は異なりますが、オーナーさまの負担になることは間違いありません。契約書上に原状回復工事(スケルトン戻し)の記載があるからといって、居抜きでの売却を諦めるのではなく、一度、買取りJPにご相談ください!
    厨房設備を中古で売却したり、家主さまに原状回復工事(スケルトン戻し)を免除して貰えたりする場合もあります。工事を発注する前にまずはご相談ください。

    すでに賃貸借契約の解約届けを出していてあまり時間がないけれど売却・譲渡できますか?

    飲食店買取りJPでは解約予告済みの物件でも取扱可能です!

    店舗の賃貸借契約を締結する際に契約書面に必ずといっていいほど盛り込まれるのが「解約予告」や「解約期間」。物件によってさまざまですが、3ヶ月から8ヶ月といったように、物件の解約をしたいときにはその期限を守って解約届けを出すのが基本ルールです。
    この期間は、家主さまや管理会社が後継のテナントを探すための期間です。契約書の内容にもよりますが、契約期間内の即時解約の際には解約予告期間として定められた期間分の家賃を納めなければならなかったり、別途違約金がかかる場合もあります。

    また、解約予告を出してしまうと、基本的には解約期間終了後には物件を明け渡さなくてはなりません。
    物件の明け渡しまでにしなければならないのが「原状回復工事(スケルトン戻し)」です。物件の大きさにもよりますが、工事業者の手配から工事期間まで2~3週間の期間を要します。

    ここで、居抜き物件として売却・譲渡をすると考えるとどのようなスケジュールになるでしょう?

    当然、原状回復工事(スケルトン戻し)の期間は万が一のために必要となります。そうなると明け渡しの2~3週間前には後継のテナントを見つけなければなりません。
    造作売買に要する期間はまちまちですが、どんなに早くても募集開始から2週間ほどはかかります。そうなると、明け渡しまで1ヶ月を切っている物件などはかなり条件が厳しくなります。募集と同時に後継のテナントが決まってもギリギリですね。

    そのような状況では居抜き物件の売買は不可能なのかというと一概にそうだとはいえません。方法はいくつかありますが、最善なのは物件の持ち主である家主さまと交渉してみることです。
    ここで家主さまの了承が得られれば、明け渡しまでの期間を引き延ばせるかもしれません。その間に、後継のテナントを見つけられれば原状回復工事(スケルトン戻し)の費用がかからずに退去できるどころか、造作の売却金額が手に入るかもしれません!

    もちろんこの交渉は、必ず上手くいくとは限りません。交渉の仕方やタイミング、家主さまとのこれまでのお付き合い、家主さまとの関係性が重要になってきます。そのため家主さまとの関係性はできる限り良好にしておくほうがよいといえます。
    また交渉の際には居抜き物件専門の業者などプロの方に依頼しましょう。交渉術に長け、慣れている居抜き物件専門業者なら臨機応変に対応でき、良い結果が出せる可能性が非常に高まります。

    その他の質問一覧
    お気軽にご相談・お問合せしてくださいね!

    無料査定依頼ご検討中のオーナーさま、
    家主さまもお気軽にお電話くださいませ。

    0120-192-972
    イメージ画像